赤ちゃんのあせもにベビーパウダーはNG!?防止策を知ってあせも予防

夏に近づくにつれて注意しなくてはいけないのがあせも。
あせもになると痒くて辛いんですよね。
子供を抱っこすると腕や赤ちゃんの首の後ろ、うなじにできやすいんですよね。
できればなりたくないあせもですが、予防方法はあるのでしょうか?
また、赤ちゃんのあせもには実はベビーパウダーはNGだったんです!
予防策をご紹介します。

なんであせもになるの?

実はあせもって医学的に3種類に分けられるんです。
・紅色汗疹
一般的にあせもと呼ばれる、赤いあせものこと。小さな赤いブツブツでかゆみがあり、発汗するとチクチクとさすような感覚があります。

・水晶様汗疹
白いあせもと呼ばれ、直径1~3mm程度の小さな水ぶくれがたくさんできます。かゆみなどの自覚症状が少ないので、数日のうちに自然に
治っていることが多いようです。

・深在性汗疹
赤身やかゆみはほとんどないのですが、体内に熱がこもって熱中症を引き起こすことがあります。

あせもと言っても種類も3つほどあるなんて知りませんでした。
びっくりですね!

では、なぜあせもはできるのでしょうか?
体温調節をするという大切な役割がある汗ですが、汗が蒸発するときに体の熱を奪うことで体がオーバーヒートすることを
防いでいるのです。
しかし、高温の場所にい続けたり、激しい運動をすることで汗をかき続けると汗の出口が詰まってしまいます。
出口から出られなくなった汗は、表皮という皮膚の表面にある0.2mmほどの粘膜の中にもれだします。
汗にはミネラルなども含まれているので、もれた表皮のところで炎症を起こすことであせもになってしまうようです。
子供があせもになりやすいのは、大人よりも小さな体なのに汗線が大人とほぼ同じ数の約230万個もあります。
大人に比べて汗線の密度が非常に高いためあせもが発症しやすくなっているのです。
特にあせもができやすいのは、首回りやわきの下、ひざの裏、ひじの内側、おなか周りや足の付け根などです。
汗をかきやすく、熱気や湿気がこもりやすく、皮膚がこすれて摩擦を受けやすい場所によくできるのです。
だから赤ちゃんは、抱っこするから首回りなどによくできてしまうんですね!

予防策はあるの?

あせもにはなりたくない!そんな皆様の為に予防策を教えます♪

汗をかいたらすぐふきとる

基本中の基本ですが汗をかいたらすぐふき取りましょう。
シャワーもこまめに浴びられるようでしたら浴びるのがいいですね。とにかく肌を清潔に保つことが大事です。
タオルでふくときは、乾いたタオルよりも水で濡らしたタオルのほうが汗の成分をよく拭きとれます。
ふき取るときはゴシゴシこするのではなく、抑えるようにふくと皮膚のバリア機能を守ることができるます。
ゴシゴシしすぎると赤くなってしまいますから注意です。

着替えはこまめに

汗をふきとっても汗がついた服を着ていては意味がありません。
こまめに着替えて常にきれいな服を身につけましょう。
でも、仕事中など着替えられない場面も多くありますよね。そんなときの為に吸汗速乾素材を使用したインナーなどを
着用するなどし、濡れたままの状態が続かないようにしましょう。

高温多湿を避ける

風通しがよく、涼しい環境にいれば大丈夫です。
エアコンを適度に使って涼しい環境を心がけましょう。湿度は50%程度を目安にするといいでしょう。
ただし、エアコンの使い過ぎは体に悪いので注意しましょう。

石鹸の使い過ぎすぎない

たっぷり汗をかいたからと言って石鹸をたっぷり使ってナイロンタオルでゴシゴシ体を洗うのはNGです。
皮膚のバリア機能が弱まって炎症を起こしやすくなってしまいます。また、石鹸はしっかり落としましょう。
シャワーの後は保湿が大切です。
ベビーパウダーは粒子の大きさが汗腺に詰まりやすい、湿った肌には感染が詰まりやすいため
ベビーパウダーの使用はNGです。

また、安いものもかえって赤ちゃんの肌を荒れさせてしまうので避けたほうがよさそうです。

さいごに


これから暑い時期になり、汗をよくかきます。子供のこともよく抱っこするので子供はもちろん、ママもあせもに
なりやすくなっています。
赤ちゃんもママもあせもにならないようにしっかり予防していきましょう!
楽しい夏をあせもなんかに負けないようにしましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です