妊娠線を薄くする方法は?産後からするケア方法

妊娠中おなかが大きくなることにより、皮膚が伸び切らず切れてしまうがためにできてしまう「妊娠線」

妊娠線は大体の女性から嫌がられていますよね。

ですが、妊娠線ができる場所は下腹部やおしりなど特に人に見せる場所ではないのになぜ嫌がられているんでしょうか。

人それぞれ理由はあるとは思いますが、「妊娠線ができると自分が理想とするルックスから遠ざかってしまう」「妊娠線と名前があるが要は肉割れ。見た目がみっともない」など様々です。

妊娠線があっても気にしないと思う方もいるとは思いますが、どうせならないに越したことはありません。

ただ、どんなに頑張ってケアしていてもできてしまうときはできてしまいます。

なので、できてしまったときは気持ちを切り替えいかに薄くし、目立たなくするかだ大事だと思います。

今回は、どうしたら妊娠線を薄くすることができるか方法をご紹介します。

妊娠線を薄くする

1度できてしまった妊娠線は完全に消すことはできません

妊娠線を消したいと思うならば、妊娠線を消すケアをすることがおすすめです。

妊娠線はほっておいても勝手に薄くはなりますが、それが何年かかるかわかりません。10年たってもあまり変わらないという場合もあります。

ケアをすれば圧倒的に薄くなるスピードが速いです。

妊娠線を薄くする方法をご紹介します。

妊娠線クリームを使って保湿と肌を整える

妊娠線クリームを使って妊娠線を消す方法はコストに対して効果がとても大きいので最もおすすめです。

妊娠線を薄くするには肌の表皮を回復させること。

表皮を回復させるには肌のターンオーバー機能を活性化させる必要があります。

妊娠線クリームには肌のターンオーバーを活性化させるとともに、肌本来のバリア機能や保水力を保たせるのを手助けしてくれる美容成分が含まれています。

肌の自然な力である早期の妊娠線を薄くする効果が期待できます。

余った妊娠線クリームが活用できたり、費用対効果が高いなどのメリットなどに対し、保湿クリームと比べてしまうとコストが高いという

デメリットがあります。

保湿クリームを使って妊娠線を薄くする

妊娠線クリームを使う方法と同じです。

保湿クリームやオイルを使うことで、お肌を外部からの刺激から守り、お肌の乾燥を防いでターンオーバー機能を正常に働かせることができます。

ただし、保湿クリームは美容成分が含まれていないので妊娠線クリームを使う方法よりも効果を得られるのが遅いという点があります。

しかし、体質によっては消えない可能性があったり時間がかかるため、結果として妊娠線クリームを使うよりもコストがかかる可能性があるデメリットがあります。

気軽にできるのでやってみる価値はあると思います。

クリニック治療

皮膚科や整形外科に通って妊娠線を薄くする方法です。

レーザーやダーマローラー、炭酸ガスによるピンポイント治療で目立たなくする方法です。

レーザーだと、レーザーの熱の作用でコラーゲン生産と皮下脂肪の分解を促します。

体にメスを入れないことや施術時間が短時間であることから手軽に受けることができます。

しかし、まれにレーザーの熱でやけどのリスクがあることや自由診療になるため1回の施術費用が10万円を超えるケースもあります。

ダーマローラーだと、皮膚に細かい穴を無数に開けることで肌の再生能力を高め、細胞の入れ替えやコラーゲンの産生を促すドイツ発の方法です。

美容外科などで施術が受けられ、1回あたりの治療費は5万円前後とレーザー治療に比べて安価です。

また、治療器が一般人向けに販売されているため、自宅でセルフケアも可能です。

しかし、施術後に十分な保湿と日焼け対策を行わないとシミができるなどの肌トラブルの報告もあるので、注意が必要です。

どちらの方法でも短時間で薄くすることは可能ですがかなりコストがかかるところがデメリットです。

さいごに

どんな方法でも薄くすることは可能です。

クリームはコストがかからないけど、時間がかかる。治療は短時間だけどコストがかかる。

何かしらのメリット・デメリットがあるので自分に合った方法で妊娠線を薄くすることができるといいですね。

下記リンクにて、妊娠線を薄くするオイルのおすすめの商品を紹介していますのでぜひ、見てみてください。

バイオイルは妊娠中の傷を消す ボディケアで傷跡への効果は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です