赤ちゃんの突発性発疹の症状とは?治る方法は?

子供が熱が出て病院に行ってみると「突発性発疹」かなと。

聞いたことはあるけれど、どんな症状なのかは知っていますか?

また、熱が出ると心配になってしまいますが対処方法をご紹介します。

赤ちゃんの突発性発疹の症状とは?

突発性発疹とは「ヒトヘルペスウイルス6型」や「ヒトヘルペスウイルス7型」の感染によって赤ちゃんが急に38度から40度近い高熱を出し、熱が下がった後に全身に発疹が現れる感染症です。

6型は生後6ヶ月頃から1歳の乳児が、7型は1~2歳がかかりやすいという特徴があります。

突発性発疹の主な症状は、高熱と全身の発疹です。

突然の38度から40度近い高熱が出て3~4日続き、熱が下がっていくのと同時に、お腹や背中を中心にして全身に赤い発疹が現れます。

咳や鼻水などはなく、高熱のわりに元気であることも特徴のひとつです。

発疹はあまりかゆみを伴わず、2~3日くらいで次第に引いて跡が残ることはないので安心してください。

発症しやすい時期としては、かぜやインフルエンザは冬の流行期に感染しやすくなりますが、突発性発疹は季節に関係なく発症します。

感染する年齢は6ヶ月から2歳までの間がほとんどです。

なかにはこの病気に感染しなかったり、かかっても目立った症状があらわれず、感染に気付かない場合もあります。

一度かかってしまうと、このウイルスに対する抗体ができるので発熱するような症状は出なくなります。

しかし、突発性発疹は2つの型のウイルスが原因で起こるので、免疫のない型のウイルスにあうと症状が出たりします。

また、感染経路や潜伏期間はどうでしょうか?

このウイルスは、ほぼ家族など身近な人から日常生活の中で飛沫感染、経口感染、接触感染などにより感染する病気です。

特にワクチンなどもなく、明確な予防法は今のところありません。

1週間から10日ほどの潜伏期間を経て、突然38度以上の発熱を発症します。

その日のうちに40度近くまで熱が出ることもあり、熱は3~4日続きます。

まわりに誰もかぜをひいた人がいないのに突然高熱が出た、という場合は突発性発疹の可能性があります。

赤ちゃんの突発性発疹の対処方法

一般的に突発性発疹は予後が良好で、元気におもちゃで遊ぶ子も多いようです。

しかし、中には下痢をしたり食欲がなかったりという子もいますし、風邪の症状を伴う場合には声がかすれたり、せきをしたりという子もいます。

特別な治療法はないため対症療法によって対処します。

下痢がある場合には下痢止めの薬を、かぜの感染を伴っているようであれば鼻やのどの薬を、というように症状をしずめる薬を用いて様子を見ます。

また、苦しそうでなければ薬を使わないこともあります。

さいごに

突発性発疹の場合、風邪などと違って機嫌も悪くないしミルクも飲んでくれるといった場合が多いみたいなので、焦ることはなさそうですね。

どんな症状なのかをしっかり把握しておくことで発熱したときに冷静に対処することができます。

赤ちゃんが熱を出すとどうにかしなくてはと思う気持ちもわかりますが、赤ちゃんの様子をよく見てどうするべきか冷静に判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です