離乳食を食べないときは進め方や開始時期を見直そう

生後5ヶ月ごろになったら離乳食が始まり、だんだんと大人同じ食事に近づけていくまでの食事です。

今までミルクや母乳しか口にしなかった子供に新たに食べ物をあげるというのは色々不安があるとは思いますが、

大きな成長として楽しみにしているママやパパは多いのではないでしょうか。

いざ始まってみると嫌がって食べてくれなかったりしてぜんっぜん離乳食が進まないと悩んでいる人は多くいます。

食べてくれない場合の対処方法をご紹介します。

離乳食を食べてくれない

育児書や育児雑誌には、たくさんの離乳食メニューが紹介されており、それらを見ながらがんばって離乳食を作っているママもたくさんいるでしょう。

でも、赤ちゃんは1人1人個性があり、まだ「がまんして食べる」ということもできません。

ですから、食べたくない気分であったり食べ物が嫌いな味や舌触りだったりしたら、食べなくなります。

その一方で、ちょっとしたきっかけがあれば食欲が旺盛になることもあるでしょう。

「離乳食を食べないなんて、どこか具合でも悪いのではないか」と心配するパパやママもいますが、赤ちゃんが離乳食を食べないことは決して珍しいことではありません。

離乳食を食べないのにはいくつか理由があると思います。

離乳食を始める時期が早すぎる?

育児書や母子手帳などに記載されている離乳食開始の月齢は、あくまでも目安です。

なので、必ずその時期に始めなければならない!というわけではありません。

5ヶ月くらいになると赤ちゃんは首や腰がしっかりとすわり、固形物を舌で押し出そうとする「哺乳反射(ほにゅうはんしゃ)」がなくなります。

しかし、赤ちゃんによっては、6ヶ月近くになるまで哺乳反射が残ることもあるります。

赤ちゃんの口の中にスプーンを入れてみて、舌で強く押し返されるようならば、離乳食を開始するにはまだ早い時期です。

一度離乳食を中断し、しばらくたってから再開してみましょう。

ただし、いつまでも食べないから進めないとなるといつまでたっても進まず、「食べ物を食べる」という感覚が乏しくなります。

それは、大人になったときにかまずに丸呑みしてしまうなどの恐れがあるので注意しましょう。

離乳食をあげても口を開けない

もしかしたら食事に対して興味がないのかもしれません。

赤ちゃんの中にはあまり食事に興味がない子もいます。そのような子は、ほかに興味を惹かれるものがあった場合おなかがすいていても

離乳食を食べたがらないこともあるようです。

その時は食べるときの環境を整え、離乳食に関心が行くようまわりをきれいにするなど何か変化させると食べてくれるかもしれませんね。

離乳食をあげるときのスプーンの感触が嫌い

赤ちゃんは大人よりも触覚が敏感です。

スプーンやいすの感触・食べ物の感触が苦手な場合は離乳食を食べたがらなくなることも、珍しくありません。

今までおっぱいや哺乳びんしか口にしたことなかったのにいきなりスプーンを口に入れられたらびっくりしてしまうのも無理ありません。

なので、機嫌のいいときを見計らったり徐々に慣らすようにしましょう。

また、スプーンに載っている食べ物の量が多すぎても、赤ちゃんが嫌がる場合があります。

一度に食べさせる量は、できるだけ少なめにするといいでしょう。

離乳食を食べてくれないときの対処方法

最初は嫌がっているなら無理にあげる必要はありませんが、ずっとはそう言っていられません。

いつかは食べてもらわないといけないので食べてくれないときの対処方法をご紹介します。

離乳食の時期を見直す

上記でも言ったように離乳食の適した開始時期や進め方は赤ちゃんによって異なります。

赤ちゃんが離乳食を激しく嫌がる場合は、一度離乳食をお休みしてみるのも一つの方法です。

赤ちゃんの成長は早いですから、2、3週間後には状況が変わるかもしれません。

助産師さんによっては、家族が食べているものをつかんで口にもっていくような「つかみ食いから始めるとらくよ〜」という方もいます。

また、1歳までの赤ちゃんはミルクや母乳で必要な栄養を取ることができます。

ですから、離乳食を食べないからといって栄養不足になることはありません。

離乳食の作り方を見直す

離乳食は月齢が進むに従い、ドロドロしたものから徐々に固形物へと移行していきます。

しかし、移行が早すぎると赤ちゃんがうまく離乳食を食べられず、「ある日突然離乳食を食べなくなった」ということもあるでしょう。

この場合は、調理方法を見直してみましょう。

また、ドロドロとしている離乳食でも、食べ物のわずかな粒や繊維が残っていると嫌がる赤ちゃんもいます。

この場合は、手で裏ごしするよりもフードプロセッサーなどを使ってみるとよいでしょう。

また、ママとしては手作りのものをあげたいと思いますが、市販のベビーフードを利用してみるのもいいと思います。

毎回作っても食べてくれないとなるとかなりのストレスがたまると思うので、たまには市販のベビーフードを利用してみるのも手ですよ。

いつもとは違うものだと気づき食べてくれかもしれませんし、種類も豊富なのでマンネリ化もしにくいです。

離乳食の進め方のコツ

離乳食は赤ちゃんに食べ物の味や飲みこみ方、食事の楽しさを教えることが目的です。

ですから、赤ちゃんのペースに合わせて行いましょう。

ママやパパの「たくさん食べてほしい」という気持ちも分かりますが、一食ごとの食べる量を気にしすぎると疲れてしまいます。

時には市販のベビーフードも利用し、赤ちゃんと食事を楽しむ気持ちを大切にして離乳食を進めていきましょう。

また、赤ちゃんが自分で食べることに興味を示した場合は、ぐちゃぐちゃになってもよいので食べさせてあげてください。

自分で食べたほうが食事が進む赤ちゃんもいます。

さいごに

その子その子によって成長のペースが違うように離乳食の進み方も違います。

食べてくれないとしても焦らず、イライラせず頑張りましょう。

楽しんで離乳食をあげることが大切ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です