保育園選びのポイントは?公立と私立の違いとは?

今は昔と違って女性も子供を保育園に預けて働きに出るママさんが多くなってきています。

しかし、成長が著しい子供時代を日中親子離れることになると仕方がないことだけど寂しく思いますよね。

大事な子供を預けるのだから自分が納得した保育園に預けたいと思うのは普通のことです。

保育園を選ぶ点でのポイントはどのような点なのでしょうか?

また、公立と私立の違いとは何でしょうか?

保育園の公立と私立

公立の保育園と私立の保育園と分ける前にまず、私立の保育園は認可と無認可があります。

認可と無認可の違いについてですが、児童福祉法に定める保育園は、保育される人数に対する保育士の数や施設の広さ、設備などの基準が当てはまっていて国から認可を受けた保育園が認可保育園となります。

設備が整っていない、広さが無い、保育士の人数が足りない、により公的機関から認可を受けていない保育園が無認可保育園という事になります。

無認可と聞くとなんだか危なくないかなど心配してしまうこともあると思いますが、絶対に危ない保育園というわけでもありません。

認可保育園よりも特色があり子供が成長するのにプラスになってくれるような園も多いです。

例えば、認可保育園だと保護者が子供を保育できない状況(就労や疾患など)が入所の条件になっていますが、無認可保育園はこういった入所の条件は施設によって異なります。都道府県で独自に入所基準を設けている場合もありますが、保育できない事情があるわけではない保護者でも子供を入所させることもできることもあります。

そのため、認可保育園では就労証明書など認可保育園では必要書類が多いのに対し、入所の際に必要な書類が少ない場合もあるので忙しいママさんには嬉しいですよね。

また、保育時間も延長保育・夜間保育・休日保育などが認可保育園よりも充実していることが多いです。

休日保育などは認可保育園だと、両親・祖父母が全員仕事で誰にも預けることができないという証明書がないと預かってもらえないという場合が多いので休日保育をしてくれるのは助かるというママさんも多いのです。

そして、公立と私立の違いについてです。

実は保育料は公立も私立も同じなんです。

保育料は、国の設ける所得の基準、年齢や人数によって変わってきます。

基本的には所得と、自治体によって変動してくるので市役所などで確認するのが1番いいですよ。

公立と私立の1番の違いといえば、運営団体です。公立がその自治体なのに対して、私立では様々な運営団体があり、私立保育園と一つにいってもそれぞれ違ってきます。

公立保育園の特徴

公立の保育園の先生は公務員です。なので、地方公務員試験を受けています。

しっかり試験を受けて保育士になっているのでより安心感もありベテランの先生も多いようです。

ただ、異動があるので特定の先生に惹かれて入所を決めてしまうとその先生がいないということもあります。

長い間同じ先生に見てもらえないこともあるみたいです。

しかし、逆を言えば専門職の研修を積んだ、若い先生は優秀で熱意のある人が多いです。

なので、預ける方としては教育内容に安心できます。

私立保育園の特徴

公立保育園と違い、独特の教育があります。

社会福祉法人・NPO法人・学校法人・企業など、様々な団体が運営していため、運営母体によってかなり特徴が変わり、また独自の教育を行っているところもあります。

例えば、運営母体がカトリック(キリスト)教だと、礼拝やキリスト教の演劇をするなど、キリスト教の教えを行っています。

お寺が運営母体だと、座禅をするとこともあるそうですよ。

また、園によってですが通園バス、英会話・絵画・音楽・スイミングクラス、夜間保育、給食が豪華など特色のある教育を行っているところが多いようです。

ただ、その分公立と違って+α追加で諸々の費用がかかってしまうところが多いようですね。

さいごに

保育園についてって意外と知っているようで知らないことが多いですよね。

保育園を選ぶポイントとしては人それぞれですが、家や職場との距離感を重点的に見ている人が多いようです。

しかし、私立保育園だと認可か無認可かによって保育料などが変わってきますのでしっかり確認しておきたいポイントです。

保育料についてはその自治体によって変わってきます。

市役所の窓口に行けばしっかり教えてくれるので、保育園のことを考え始めたら、候補の保育園の見学と、市役所で話を聞きに行くことが大事です。

大事な子供を預ける場所ですのでしっかり見極めていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です