赤ちゃんに卵はいつからあげていい?食べさせ方は?

離乳食をあげているとなかなか食べてくれなかったり、ご飯の量をどれくらいあげればいいかなど悩みは尽きませんね。

特に初めてあげる食材はアレルギーがないかどうかわからないので慎重になります。

卵はアレルギーが出やすいと有名な食材ですよね。

しかし、アレルギーが怖いからといっていつまでも上げないというわけにもいきません。

いつごろにあげればいいのか、どのようにしてあげればいいのかまとめてみました。

赤ちゃんに卵はいつから

離乳食中期以降に、最初は卵黄のみをあげます。

卵白にはアレルギーの原因となるオボアルブミン」や「オボムコイド」というたんぱく質が含まれているので最初は卵黄、

徐々に全卵という流れになります。

生後5,6ヶ月から離乳食を開始して、順調に進んでいる場合生後7,8ヶ月から卵黄のみあげます。

調理方法は固ゆで卵です。しっかり加熱しましょう。卵黄を取り除くときに卵白が混ざらないように細心の注意を図りましょう。

1日に与える量は、最初は耳かき一杯程度からです。少しずつ増やしていき、最大でも卵黄1個までにしましょう。

全卵をあげるときは、卵黄が食べられるようになってから約1か月後以降にしましょう。

決まりではないので子供の様子を見ながら試してみましょう。

これもしっかり火を通す調理方法で固ゆで卵や、オムレツなどです。

与える量は最初は耳かき1杯程度の少量を与え、アレルギー反応が出なければ小さじ1杯程度まで少しずつ増やしていきます。

中期で1/3個、後期で1/2個、完了期で2/3個までが目安となっています。

最初に言ったように卵アレルギーの原因となる物質が入っているのは卵白です。

卵黄をあげたときに何もなくても全卵をあげたときにアレルギー症状が出てしまうことも少なくありません。

全卵を与えた日から2日間くらいは、皮膚のかゆみや湿疹、下痢、嘔吐、呼吸困難などの症状が出ないかどうか、よく様子を見てあげてください。

アレルギーと思われる症状は一般的に30分以内に現れることが多いので、症状が見られたらすぐに小児科の受診をしましょう。

赤ちゃんに卵を与えるときの注意点

卵をあげるときには注意しておきたい点がいくつかあります。

与えるときは平日の午前中

これは卵に限らず離乳食ではじめてあげる食材があるときに共通して言えることですが、平日の午前中にしましょう。

食べたもののアレルギー症状が出ても診療時間内に病院を受診できるためです。

病院によって診療時間や休診日が異なるので、与える日時を変える必要があるので注意が必要です。

完全に火を通す

全卵が食べられるようになったからといって半熟のものを丸ごと与えてはいけません。

半熟卵のような十分に火が通っていない卵を食べさせるのは6歳を過ぎてからにしましょう。

卵には細菌性腸炎の原因となるキャンピロバグターやサルモネラ菌が混入している場合もあるので、火を通すことで食中毒の予防になります。

卵ばかりあげすぎない

卵は、栄養価が高く、手軽に調理できるので、赤ちゃんにアレルギー反応が出なければ、積極的に食べさせてあげたい食品です。

しかし、毎日与え続けるのは偏った食事になりかねません。

偏った離乳食はアレルギーの原因になるだけでなく、栄養の偏りにつながります。

なので、1回あげたら2,3日開けるといったサイクルを繰り返しましょう。

市販のものに注意

全卵を食べられるようになるまでは市販のベビーフードやおやつに注意しましょう。

原料に卵が入っていないか必ず確認する必要があります。

離乳食でまだ卵をあげていない場合は卵が入った市販のものをあげるのは控えたほうがよさそうです。

さいごに

離乳食を進めて行くのは本当に慎重になりますよね。

初めてあげる食材があるときはかかりつけ医の休診日などをしっかり確認してからにしましょう。

日々の離乳食のメニューに卵を取り入れて、食事の時間が楽しくなるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です